スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
まいうーな店は幻にも似て~板橋『蜃気楼』
2006 / 04 / 03 ( Mon )
蜃気楼


今夜は板橋で鍼灸治療。筆舌には尽くしがたい快楽に身をゆだねた後に、食の快楽も満たすべく某グルメサイトにて評判の良い『蜃気楼』という四川料理屋に出征です。

都営三田線「新板橋」、JR「板橋」東武東上線「下板橋」の3箇所からほぼ均等な位置その店はありました。商店街通りから一本入った薄暗い住宅地に煌々と輝く同店はまさに店名にも似て、というところでしょうか。あ、逃げないから蜃気楼ではないね

お店はカウンターで5人くらい、小上がりで4人MAXという小ぶりなお店。頑固そうなマスターが一人で全部やっているようです。昭和の時代を感じさせる歴史感のある店内。小粋な居酒屋ですが、カウンターの上にはドライとスイート2つの紹興酒の亀が鎮座ましましています。

メニューは黒板に書かれたメニューからチョイスです。一人なので「お肉のワンタン」と「坦々麺」を戴くことにしました。

お肉のワンタンは皮がちゃんとモチモチしています。餡はお肉なのでちゃんと歯ごたえもあって、なおかつ美味しいスープがきちんと閉じ込められていて至福な感じです。水餃子にはひき肉ではなくて、自分で叩いたお肉を使いましょう、と料理本に書かれていたのを思い出しました。

坦々麺は落花生と肉味噌が乗せられており、ビジュアル的にも本格的な勢いがあります。戴いてみれば花椒がほのかに香り、きつい辛味はありません。しかし、食べていくにつれ頭皮などから発汗を感じます。きちんと身体は香辛料を感じてくれています。濃厚な茶色に彩られた麺を夢中でいただきました。次は酸辣湯を試してみたいと思います。

蜃気楼
住所: 板橋区板橋1-33-1
電話: 03-3964-6657

クリックわんわんです↓
人気blogランキングへ
にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

22 : 33 : 33 | グルマン暗黒大陸を行く☆ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「ダンスはすんだ?」~Different Strokes by Different Folks/リ・スライ~ディファレント・ストロークス・バイ・ディファレント・フォークス | ホーム | 小龍包の旅~恵比寿京鼎楼Jin Din Rou>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mutarou.blog48.fc2.com/tb.php/51-ccbe32b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。