FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
韓国マシッソヨ!~5枚でゴー!酸味聖戦
2006 / 03 / 09 ( Thu )
 さて、今回の出張は2泊3日の旅程です。食べれる回数は4~5食。何を食べようかとーっても深い思索に耽ります。耽りすぎて行きの飛行機では熟睡してしまいました。うそうそ。「小さな中国のお針子」を微妙なところまで見てしまいました。韓国便は絶対終わらないから不完全燃焼ですよね。
 初日の夕食は江南のお店で「オーギョプサル」「ブグンチキムチ」です。サムギョプサルはいわゆる豚バラの3枚肉。これは最近日本でもあちこちで食べれるようになりましたが、今回は5枚肉です。だから呼び名も「サム(3)」から「オー(5)」に変わるらしいです。

 やっぱ厚いです。これをジックリ焼きながら戴きます。焼いている傍からたらたら油が流れ落ちてオイラー(注:油好き・マイ造語。田舎の人が自らを呼称する言葉ではない。cf;長渕剛)にはこの上なく美しい光景です。

 待たされる時間は長く感じるもの。ジリジリ。現地の宋さんの解禁宣言とともにいただくことにします。こりっとした歯ごたえとじゅわーっと溢れる肉汁の量がサムギョプサルとは違います。大変濃厚です。口の中はコリコリジュワジュワして大変なことになってます

 この厚みからなんとなく中部地区に見られる「とんてき」を思い出します。もちろん食べ方が違って、それが文化の違いで、その違いを楽しんでいるのですがね。

 さて、問題のブグンチキムチですが、秋につけたキムチが喰われる危機を乗り越えて春を迎えた時点でブグンチ(越年)キムチと呼ばれるそうです。一冬に飽き足らず3年や5年というものまであるそうです。

 お味は…酸味が良く効いてさっぱりしてます。特に今回の場合にはオーギョプサルの濃ゆい油をさっぱりさせてくれる感じです。食べると顎の付け根がキューっとなります。

 指南人の宋さんによればブグンチでもすっぱくないものもあるそうなので、酸いものが苦手なヒトでも店さえ選べば大丈夫と思います。

 一緒に戴いた飲み物はやっぱこれでしょということで「JINRO」です。ところでJINROも瓶のラベルが最近変更になったらしく、常温になるとトレードマークのカエルが消えるという、楽しい仕掛けをしてくれています。オトコ2人でJINROの瓶を握り締めるという不思議な光景でした。


今夜もひとつよろしく↓
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

スポンサーサイト

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

23 : 51 : 20 | グルマン暗黒大陸を行く☆ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<韓国マシッソヨ!~生で行こう! | ホーム | 新しいお友達~vodafone 702NKII/ NOKIA6680>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mutarou.blog48.fc2.com/tb.php/22-1381888c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。